以下は、ピナクルで利用可能な野球ベットオプションの簡単な説明です。 


マネーライン:マネーラインベットを行う場合、どのチームがそのイベントで勝利するか、あなたの考えを示すことになります。マネーラインのプラスまたはマイナス記号は、どのチームがより勝利する可能性があるかを示しています。 例: マイナスマネーラインは、フェイバリットおよびオッズを表しています。 プラスマネーラインは、「アンダードッグ」つまり勝つ可能性が低いチームを表しています。 この種類のベットでは、ベットの勝者を決めるときに、ポイントは関与しません。 ベットは「有効」(登録ピッチャーなし)、片方の登録ピッチャーあり、または両方の登録ピッチャーありの場合があります。


ランライン: ランラインベットは、野球特有のスペシャルベットです。 ランラインベットは、マネーラインとトータルベットを組み合わせたものと考えることができるかもしれません。マネーラインのように、ランラインベットにはオッズが付随しています。 しかし、マネーラインベットとは異なり、ベットには数字も付随しています。 数字は、1チームだけによって得点されたラン合計から、いくつのランが追加または差し引かれるかを示しています。その結果がベットの勝者を決めるために使用されます。

例:

Dodgersは、1.5で-154のオッズと記載されているかもしれません。このベットは、Dodgersに$154を賭けると$100を獲得することを意味しています。 ベットの勝者を決めるために、1.5ランがDodgersの得点に足されます。 このベットの反対が、Metsの-1.5で

+144のオッズです。 つまり、$100のベットで$144を獲得します。 このベットの勝者を計算するために、1.5ランがチームの合計得点から引かれます。全てのランラインベットは登録ピッチャーを使用します。


オルタネイトランライン: オルタネイトランラインの違いは、フェイバリットが、はるかにリスクの高いオッズで、ランがプラスであることです。 アンダードッグは、極めて高い勝利金額でマイナス1.5ランになります。 例えば、上記のチームを使用すると、オルタネイトランラインでDodgersは-1.5ラン+231、Metsは1.5ラン-251になります。 ランラインベットと同様に、同じロジックが勝者を決めるために使用されます。 ベットによって、ランを足したり引いたりします。 全てのランラインベットは登録ピッチャーを使用します。


トータルラン: トータルランオプションは、両チームによって得点されるランの合計数を示します。トータルランベットは、記載されている数字の「オーバー」または「アンダー」のどちらかに賭けます。 例えば「アンダー」にベットした場合、試合中に両チームによって得点された合計点がその記載されている数字より低くなると考えていることになります。 全てのトータルランベットは登録ピッチャーを使用します。