ピナクルでは-104スタイルプライシングをMLBマネーラインとMLBランラインに、-105スタイルプライシングをMLBトータルに使用しています。

プライスブレークはトレーダーの判断によって変更される場合があります。